2013年05月30日

パッサテンポのマドレーヌ

日本のマドレーヌは生産性や製造簡易化で工業化されてしまっていますが
もともとフランスのおいしい手作り焼き菓子。

科学的な材料(膨張剤、酸化防止剤、保存料)は一切使用しない伝統的な製法で
昔ながらの「マドレーヌ」を作っているのがパッサテンポです。

マドレーヌ

<パッサテンポのマドレーヌの種類>プレーン
紅茶
シナモンレーズン
ダブルショコラ
抹茶小豆

プレーン10個で¥2100(送料別)パッサテンポ
20℃〜25℃位が一番美味しく食べられるそうでするんるん

バター、小麦、卵、砂糖といったシンプルな材料だからこそパッサテンポ
マドレーヌの作り方にこだわってます。

バター
バターの温度管理⇒1度単位での注意が必要
混合時間⇒バターに空気を含ませるための時間
配合量⇒季節によって微小に加減する

小麦粉
小麦粉は20種類以上の中から選び抜き、保管場所の温度、湿度管理にも気を使っています。


生産者より最速ルートでの仕入

砂糖
砂糖は通常より細かいグラニュー糖


手作りお菓子を作っている人なら
添加物なしのマドレーヌがどれだけ美味しいか知っていますよね黒ハート


マドレーヌ作りたくなりました。


posted by ボンヌママ at 23:36 | TrackBack(0) | おいしいお菓子の店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。